前日の船山十字路に今度は車で来て、ここから御小屋山に登ります。ペット同伴なので急な岩場は無理なので、行けるところまでと決めて出発しました。穏やかな上りかと思っていたら案外急な上りが続きました。御小屋山の手前で少量の残雪を発見。やはり2000メートルを超えると寒いことを実感しました。阿弥陀岳の直下までの予定が、残雪のため断念、途中で引き返しました。それでも御小屋山の先10分ほどいったところで絶好のビューポイントを発見。ここで昼食をとり下山開始。登ってきた時の結構な急勾配を今度は下り続け、無事に船山十字路に戻れました。これからペツト同伴で行ける山をレポートしたいと思います。
P.S.日曜日だというのに途中、人に逢ったのはトレール中のおひとりのみ。高尾山の混雑に疑問をお持ちの方、ぜひ八ヶ岳にいらしてください。(2014.05.18)


 

 

 

投稿コメント (1 コメント)

今日も八ヶ岳中央高原は快晴。冴え渡る八ヶ岳ブルーでした。
気温は上がり、風もさほどないのに、雲一つない抜けるような青さ。
皆さんがお越しになる時もこのような気持ちのよい青空だとよいですね。

投稿コメント (0 コメント)

今日の八ヶ岳中央高原は風が少しあります。上空はもっと強いようです。
でも、そのおかげで雲一つない青空が広がっています。まさに八ヶ岳ブルー。
この抜けるような空は2,3週間ぶりではないかと思います。
原村の田んぼにも水が張られ、タラの芽も頭を出し始めました。
八ヶ岳(阿弥陀岳)開山祭も間もなくですね。
よい季節の到来です。

投稿コメント (0 コメント)

首都圏では初夏ですが、標高の高い八ヶ岳中央高原では今が春の盛り。
ペンションビレッジの沿道にはオオヤマザクラの花吹雪が舞い始めております。
山菜も次々と出てきております。
写真はワサビの花、ウコギの新芽、出始めたタラの芽です。
この春の味覚をいただくと、力強い生命力も加わるような気がします。
ワサビの花ウコギ

タラの芽
投稿コメント (0 コメント)


八ヶ岳西南麓では秋から春にかけて抜けるような青空が広がりますが、これは八ヶ岳ブルーと呼ばれています。
あなたも八ヶ岳ブルーを見に八ヶ岳中央高原にいらっしゃいませんか?

投稿コメント (1 コメント)
サイト内検索